gw 恋人

【gw 恋人】

D(キャバクラで働く)「ブランドのカバンとかねだったらいいでしょ?わたしとかは、何人も同じの注文して1個は自分用で全部売却」
筆者「…ショックです。もらったのに質に出すんですか?」
D(キャバクラで働く)「ってか、ふつうお金にしません?床置きしてもしょうがないし、季節で売れる色味とかもあるので、物を入れるためのメーカーだってうれしいでしょ?」
E(十代、学生)ごめんなさい。わたしもなんですけど売っちゃいますね」
C(銀座サロン受付)ネットの恋人でそこまで貢いでくれる男性と知り合えるんですね…私は今まで貢いでもらったりとかはないです」
筆者「Cさんの使い方は違うみたいですね。恋人系サイトを使ってきたなかでどういった人と見かけましたか?
C「高いものを送ってくれるような相手には会わなかったですね。そろって、パッとしない雰囲気で、おしゃべりなんて問題じゃないんです。わたしにとって、gw系サイトのプロフを見ながらまじめなgwを求めているので、やり取りをしていたのにセックスだけというのは嫌ですね」
筆者「gw系サイトを利用して、どういう相手を探しているんですか?
C「目標を言えば、しれないですけど、医師の方とか弁護士の方とか国立大在学中の高学歴の人がいいですね。
E(現役国立大学生)わたしは、今国立大で勉強中ですけど、恋人系サイトの中にも同じ大学の人もいておどろきます。けど、ほとんどはイマイチなんです。」
恋人系サイトの特色としてオタクへの抵抗を感じるgwがなんとなく人数が多いみたいです。
クールジャパンといってアピールしているかに言われている日本でも、まだオタクを恋愛対象として市民権を得る段階にはもののようです。

関連記事