golden week 高田馬場 カフェ

【golden week 高田馬場 カフェ】

お昼にインタビューできたのは、実は、いつもはステマの正社員をしていない五人の学生!
駆けつけることができたのは、昼キャバで働くAさん、普通の学生Bさん、芸術家のCさん、某芸能事務所に所属する予定のDさん、お笑いタレントを目指すEさんの五人です。
筆者「まず先に、辞めたキッカケから質問していきます。Aさんからお願いできますか」
A(元メンキャバ就労者)「僕は、高田馬場の気持ちが理解できると考え始めたらいいかなと思いました」
B(大学1回生)「ボクは、稼げれば何でもやると思いながら始めましたね」
C(シンガーソングライター)「私は、ロックミュージシャンをやってるんですけど、長年やっているのにそこそこしか稼げないんですよ。売れる為には脚光を浴びない所からこつこつ下積みすべきだと思い、こんなことやりたくないのですが、何よりもまずアンダーグラウンドな経験を重ねようと思って」
D(某タレントプロダクション所属)「俺は、○○って音楽プロダクションで芸術家を夢に見てがんばってはいるんですが、一回のステージで500円ぽっちしか入らないんで…先輩に教えていただいた高田馬場のバイトをやっていたんです」
E(若手ピン芸人)「実を申せば、うちもDさんと近い状況で、1回のコントで僅か数百円の極貧生活してるんです。先輩の紹介ではありませんが、ステマのアルバイトを開始することになりました」
こともあろうに、五名中三名がタレント事務所に未所属という退屈なメンバーでした…、やはり話を聞いてみずとも、高田馬場にはステマ特有のおもしろエピソードがあるようでした…。

関連記事