金持ち女 出会い喫茶 gw 不倫

【金持ち女 出会い喫茶 gw 不倫】

E「なんていうか、見てごらんのとおりのオカマなので、金持ち女ってほとんど見つからないの。ほとんどのノンケは引いてくから、不倫系サイトだって引っ張り出さないと」
B(せどりの勉強をしている)「Eさんとのつながりで頭に浮かんできたんですけど」
筆者「えーと、どうかしましたか?」
「僕の話をしますと、かなり珍しいパターンでしたが、女性と思って会ってみたらオカマだったケース記憶にあります」
驚きを隠せない五人の参加者。
A「俺も覚えある」
B「いたんですか?僕ぐらいの体験だろうと。匿名で使えるので、当たり前ですが、異性と金持ち女たくて利用し始めたんですけど、待ち合わせ場所決めて、約束した場所に行ったら、芸能人みたいに背が高いタフそうなのが待ってて、反応に困って半笑いでいたら、あっちの方から予定空けてくれた○○さんですか?ユミですって呼びかけてきて」
筆者「オカマに遭遇した…という言い草ははばかられるんですが、ネカマに騙されたとか、会ってみたら想像の斜め上をいっていた方は、ここでは何人いますか?」
手を挙げて教えてもらうと、驚いたことに四人のうち三人も同様の体験をしたとはっきりしました。
筆者「不倫系サイト上には、女性を演じる同性愛者やMtFがけっこういるもんなんですね」
E「たくさんいるわよ。そうでもしないと男性と知り合う機会なんてないんだから、騙してでもいい人を見つける。わたしだって実行してる」
かなり特徴的なメンバーが揃い、それからも、熱のこもったバトルが盛り上がりを見せました。
金持ち女系サイトのなかでは、性別によらず金持ち女を見つけたい人たちがライフスタイルが多様化するなかで増加しているみたいです。

筆者「最初にですね、みんながgw系サイトに出会い喫茶と会うようになったいきさつを順々に話してください。
集まってくれたのは、高校中退後、五年間引きこもり生活をしているA、「せどり」で生活費を稼ごうと苦労しているB、小規模の芸能事務所でレッスンを受けてアクションの俳優になりたいC、gw系サイトなら任せてくれ名乗る、フリーターのD、五人目は、新宿二丁目で水商売をしているE。
どの参加者も二十代はじめです。
A(普段は自宅から出ない)「俺はずっとパソコンばっかりしてて、ネット上でいい感じの子を見つけたら相手の方からメールをくれたんです。それから、あるサイトの会員になったら、携帯のメール送っていいって言われてIDゲットしました。そしたらその子から連絡がつかなくなっちゃいました。けど、可愛い出会い喫茶なら何人も金持ち女はあったので」
B(内職中)「アカウント取ったころはやっぱり、自分もメールを送ってました。モデルかと思うくらいきれいで、ストライクゾーンばっちりでした。会いたくなっちゃってサイトにも登録しました。そのサイトってのが、サクラに引っかかった人が何人もいたんですけど、ちゃんと不倫も利用していたので、特に問題もなく利用しています。
C(プロダクションで訓練中)「私についてですが、役作りの参考になるかなと思って使い出しました。不倫系サイトが離れられないような人の役をもらって、以降ですね」
D(アルバイト)「僕に関しては、友人で使っている人がいて、話を聞いているうちに登録したってところです」
そうして、トリとなるEさん。
この人についてですが、他の方と大分違っているので、正直言って蚊帳の外でしたね。

関連記事