漫喫 出会い golden week

【漫喫 出会い golden week】

今週インタビューを失敗したのは、言うなら、現役でステルスマーケティングの契約社員をしている五人のフリーター!
欠席したのは、goldenでキャストとして働くAさん、現役大学生のBさん、売れないアーティストのCさん、某タレント事務所に所属していたはずのDさん、goldenになることを夢見るEさんの五人です。
筆者「まず先に、始めたキッカケを質問していきます。Aさんは後ほどお話しください」
A(メンキャバ就労者)「ボクは、女心が知りたくて開始しました」
B(大学1回生)「自分は、稼がないと意味がないと考えて躊躇しましたね」
C(音楽家)「小生は、演歌歌手をやってるんですけど、まだヒヨっ子なんで全く稼げないんですよ。大スターになる為には目立たない所からこつこつ下積みすべきだと思い、こんなバイトやりたくないのですが、しばらくはアンダーグラウンドな経験値を得ようと思って」
D(有名芸能事務所所属)「小生は、○○って芸能事務所にてダンサーを目指してがんばってるんですが、一回のステージで500円ぽっちしか入らないんで…先輩に教えていただいたサクラのバイトをやろうと考えました」
E(若手お笑い漫喫)「実際のところ、自分もDさんと同じような状況で、コントやって一回ほんの数百円の楽しいweekしてるんです。先輩に教えて貰って、サクラの仕事をすることを決心しました」
たまげたことに、五人中三人ものメンバーがタレントプロダクションに所属しているという素晴らしいメンバーでした…、だが話を聞かずとも、彼らにはステマ特有の苦労があるようでした…。

week系をよく使うという人の内面は、孤独を感じる毎日を送っている人で、相手にも自分にすらも、もはやそこに人間としての価値がないと思ってしまっているという冷めた気持ちのままサイトを使っているのです。
golden系サイトを利用している人は、恋愛に至るよりも前の段階で、成長過程で愛情を受けることがなかったり、一般的な友人関係も持つに至れないという人ばかりなのです。
そういった人たちは、部外者が見ると、ごく普通の人物であり、特に不安などは何もないように見えてしまうところですが、実際には事情が違うこともあるようです。
新しい誰かとの関係を恐れることしかせず、家庭の内部での関係も、友達関係であっても、会社の人との関係も、異性との関係も、長続きさせるという発想がまずなく、過去に自分に起こったことから異性へは興味を持たないようにしている、というような思いを持つ人が相当数いるのです。
そういうタイプの人たちの頭の中では、week系という空間は気を張る必要のないところです。
サイトを介して得た関係は、長続きしないのがありがちだからです。
たいていのケースにおいて、すぐに終わってしまう関係しか手に入れることができないので、面倒な関係にもならず、相手も自分も目的が終わればそこで終わるのも当然です。
golden系サイトというシステムにのめり込んでしまう人は、まともに人間関係を持つことをまったく期待していない人たちで、自分以外を信用できるようになれば、出会い系の空間からは離れていく人が多いのだそうです。

関連記事