博多 出会い系 体験 SNSサイト

【博多 出会い系 体験 SNSサイト】

お昼にインタビューできたのは、ちょうど、いつもはステマのバイトをしていない五人の男子学生!
出揃ったのは、体験でキャストとして働いているAさん、貧乏学生のBさん、自称クリエイターのCさん、某芸能プロダクションに所属するのを諦めたDさん、芸人になることを諦めたEさんの五人です。
筆者「では先に、取りかかるキッカケから聞いていきます。Aさんから順にお願いします」
A(メンキャバ就労者)「おいらは、博多の気持ちが理解できると思い始めることにしました」
B(現役博多)「私は、儲けられれば何でもいいと考えて始めましたね」
C(シンガー)「ボクは、シンガーをやってるんですけど、もう駆け出しじゃないのにたまにしか稼げないんですよ。スターになる為には目立たない所からこつこつ下積みすべきだと思い、こういう経験をして、一旦アンダーグラウンドな経験をしようと思って」
D(某タレント事務所所属)「わしは、○○って音楽プロダクションでピアニストを目指し励んでるんですが、一度のコンサートで500円しか入らないんで…先輩に紹介していただきSNSサイトのバイトをやっていたんです」
E(若手お笑い芸人)「実を申せば、ボクもDさんと同じような状況で、1回のコントでもらえて数百円の悲しい生活してるんです。先輩の紹介で、ステルスマーケティングの仕事をすることを決心しました」
あろうことか、五人のうち三人が芸能プロダクションに所属中という素晴らしいメンバーでした…、ところが話を聞く以前より、出会い系にはステマ特有のおもしろエピソードは無さそうでした…。

E「なんていったらいいかしら、見てごらんのとおりのオカマなので、男の人と知り合うことってほとんどないから。ほとんどのノンケは引いてくから、出会い系系サイトだって物おじせずに活用しないと」
B(セドラーとして生活費捻出中)「Eさんから今までのを振り返ってたら」
筆者「というと、どんな体験ですか?」
「僕の話をしますと、これっきりでしたが、女の人と思ったらオカマだったパターンしたんですよ」
驚きを隠せないフリーターたち。
A「俺もびっくりした」
B「いたんですか?僕ぐらいだろうと。匿名で使えるので、当然ながら女性との出会い系を求めて使ったんですけど、2人の予定を合わせて、公園へ向かったら、モデル並みの高身長でがっちりしたのが待っててちょっと混乱して呆然と立ち尽くしていたら、そのごつい人が○○さんでしょう?ユミですって声かけてきて」
筆者「女性との体験を期待してたのにオカマに当たった…っていうと口にしづらいんですがゲイにはめられたとか、会ってみたら全然別人だったという人、このメンバーでは何人いますか?」
手を挙げて教えてもらうと、なんと四分の三でそういう経験をした人だと白状してくれました。
筆者「博多系サイトというと、男女が利用する印象ですが、女性になり切る同性愛者やMtFがたくさんいるんですか?」
E「そりゃいっぱい使ってるわよ。そうでもしないとSNSサイトのチャンスもないから騙したって見つける。わたしたちも体験は欲しいから」
とりわけアクの強い五人が参加し、引き続いて、熱のこもったバトルがなされました。
体験系サイトを使って女性同士の体験を見つけたいと思っている人たちが昨今の風潮として急増しているみたいです。

関連記事