出会いサイト 愛知県 愛人 であいがない 20代前半

【出会いサイト 愛知県 愛人 であいがない 20代前半】

愛知県系サイトへアクセスする人は一体何がなっているのか。
そんな問いに答えを求めてここで、ネットを利用してインタビューする人を集め、都内の珈琲店でインタビューを行いました。
招いたのは、コンスタントに愛人系サイトは利用をしている五人。
男性から見ていくと、毎日会社で働くA、子ども・離婚歴アリのB、ホストとして働き始めたC、女性参加者はというと、警備の仕事をしているD、グラドルとして駆け出しのEを含む2人です。
あらかじめ、筆者は五人のメンバーに、簡単なアンケートに参加してもらい、その答えに応じて、聞いていく形でインタビューに挑戦しました。
筆者「では、アンケートにこれまで20代前半系サイトによって関わりを持った男性がかなりの数に上るEさんに詳しく話を伺いたいんですけど、どのようなあらましで男性二十人斬りを関わりを持ったんですか?」
E(グラドルになりたて)「わたしのやり方なんですが、毎日メールする相手を変えていくんです」
筆者「男性をチェンジっていうと、その日の相手とは全然違うんでしょうか?」
E「物足りなくなるんですよ。それと、相手なんて他にももっとイケメンいると思うとメールは着拒して。メッセ来ても、ネットだし、相手に限りをつけなくていいって思ってもういいかなって」
Eさんの奔放な使い方に衝撃を受けて、「そんなにうまくいくはずがない」と衝撃を受けるCさん、Dさん。
そしてその後に、Aさんが印象深い経験を筆者に話してくれました。

疑う心が普通にあれば怪しい男性に同行しない筈なのにと信じられないところなのですが言ってみれば馬鹿正直で信じてしまう彼女たちのような女は不真面目な相手だと察してもその人から離れられなくなっています。
前に多くの女性が暴力事件の犠牲者になり帰らぬ人となったりしかしながらそうしたニュースから教訓を得ない女たちは混乱する気持ちを受け流して相手のいいなり従ってしまうのです。
今までに彼女の浴びた「被害」は、誰が見ても犯罪被害ですし、無論、法的に制裁することがきる「事件」です。
ですが20代前半系サイトに立ち交じる女の人は、なぜか危機感がないようで、見失ってなければすぐにそれ相応の機関に訴えるようなことも、その状態のままに受け流してしまうのです。
結果的に、危害を加えた人はこれだけ悪いことをしてもバレないんだ、承認して貰えるならどんどんやろう」と、悪い事とは思わないで愛人系サイトを有効活用し続け、被害者を増加させ続けるのです。
「黙って許す」と決めてしまえば、辛抱強い響きがあるかもしれませんが、その考えこそが、犯罪者を思い上がらせているということをまず容認しなければなりません。
被害を受けたと時にはいちはやく、警察でもお金はかからない相談窓口でもどこでも良いので最初に相談してみるべきなのです。

関連記事