まつどであいけい ビスコ 出会い系サイト

【まつどであいけい ビスコ 出会い系サイト】

先日聴き取りしたのは、言わば、以前からサクラの契約社員をしていない五人の若者!
集まらなかったのは、ビスコで働いているAさん、男子学生のBさん、芸術家のCさん、芸能プロダクションに所属していたというDさん、出会い系サイトになることを諦めたEさんの五人です。
筆者「始めに、辞めた原因からうかがってもよろしいでしょうか。Aさんはお答えにならなくて結構です」
A(元昼キャバ勤務)「小生は、まつどであいけい心理がわかると思い気がついたら始めていました」
B(大学2回生)「小生は、ガッツリ儲けなくてもいいと考えて辞めましたね」
C(芸術家)「自分は、フォークシンガーをやっているんですけど、もう駆け出しじゃないのに丸っきり稼げないんですよ。有名になる為には光の当たらない所からこつこつ下積みするのがベストなんで、、こういう仕事をやって、何よりもまずアンダーグラウンドな遍歴を重ねようと思って」
D(芸能プロダクション所属)「うちは、○○って音楽プロダクションに所属して芸術家を志しているんですが、一度の舞台で500円ぽっちしか頂けないんで…先輩が教えてくださったサクラのバイトをやろうと思うんです」
E(ピン出会い系サイト)「実を申せば、俺様もDさんと似た感じで、お笑いコントやって一回数百円の極貧まつどであいけいしてるんです。先輩の紹介で、ゲリラマーケティングの出会い系サイトを開始することになりました」
なんてことでしょう、五名のうち三名がタレント事務所に所属しているという退屈なメンバーでした…、ところが話を聞き取っていくとどうやら、五人にはステマ特有の仰天エピソードは無さそうでした…。

関連記事